C大阪 今季初の3連勝ならず…経験の差見せつけられ完敗

[ 2012年9月16日 06:00 ]

<C大阪・名古屋>3連勝ならず肩を落とす柿谷(左から2人目)らC大阪イレブン

J1第25節 C大阪0―2名古屋

(9月15日 長居)
 C大阪は優勝候補の前に経験の差を見せつけられ、今季初の3連勝はならなかった。激しい雷雨の影響で、午後6時予定だったキックオフが1時間15分も遅れた一戦。序盤からペースをつかめないC大阪は前半38分に失点すると、後半にも追加点を奪われ完封負けを喫した。14位は変わらずも、これで降格圏の16位G大阪との勝ち点差は「4」に縮まった。

 ロンドン五輪で4位躍進に貢献したMF山口が「試合開始が遅れたこともあって体が動いてなかった」と話せば「連係をつくれなかった」とMF扇原も反省を口にした。巧みな試合運びを見せる名古屋とは対照的に、悪天候にコンディションを左右される形となったセレッソ。後半開始から出場したFW杉本も、シュートを1本も打てずに不完全燃焼に終わった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年9月16日のニュース