本田2ゴール!ザック監督の“注文”にロシア初戦で応えた

[ 2012年9月16日 22:08 ]

 ロシア・プレミアリーグ、CSKAモスクワの本田圭佑(26)が16日、ホームで行われたアラニア・ウラジカフカス戦にフル出場し、2得点を挙げる活躍で2―0の勝利に貢献した。

 まず後半4分、ムサからの折り返しのパスをトラップし先制ゴールを決め、後半40分にもムサのクロスに左足を伸ばし、とどめの2点目。チームを5連勝に導いた。今シーズン8試合目で4ゴール目。

 日本代表では、ここ4試合連続で無得点。ザッケローニ監督からも「もっと点を取れ」ハッパをかけられた本田。11日のW杯ブラジル大会アジア最終予選・イラク戦後には「誰が言ったかは忘れたけどゴールはケチャップのようなもの。出ない時は出ないけど、出る時はドバッと出る」と語っていたが、ロシアに戻って最初のリーグ戦でゴール量産と、結果を出してみせた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年9月16日のニュース