仙台 首位陥落…広島との“天王山”に競り負ける

[ 2012年9月16日 06:00 ]

広島に敗れ首位陥落、肩を落とす仙台イレブン

J1第25節 仙台1―2広島

(9月15日 広島ビ)
 仙台は広島に競り負けし、手倉森監督は「2点とも取られ方が悔しい」と厳しい表情だった。

 後半3分の森崎和のシュートは上本に当たってコースが変わった。同33分の決勝点もDF、GKとはじいたボールが2度とも相手に渡った。不運もあったが、いずれも失点はわずかなミスからだった。4試合ぶりの敗戦で首位を明け渡したが、赤嶺は「内容的に悲観することはない。勝ち点2差。楽しみながらやれればいい」と前向きに話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年9月16日のニュース