新潟 残留争い“大一番”土壇場でドローに持ち込む

[ 2012年9月16日 06:00 ]

後半、同点のPKを決め喜ぶ新潟・ブルーノ・ロペス

J1第25節 新潟1―1G大阪

(9月15日 万博)
 残留を争うライバルとの大一番は、終了間際にブルーノ・ロペスがPKを決め、辛うじて新潟が引き分けに持ち込んだ。

 ブルーノ・ロペスのリーグ戦でのゴールは5月12日のアウェー浦和戦以来126日ぶり。「いつも自分の役割はゴールをすることだと思っているが、きょうはPKを決められてよかった。負けなかったことがよかった」とホッとした表情。それでも順位は17位に落ち、降格圏内を脱出できない状況だけに「残り9試合、毎回勝つつもりで臨みたい」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年9月16日のニュース