モウリーニョ監督 C・ロナウドを“擁護”不安を一蹴

[ 2012年9月16日 06:00 ]

 レアル・マドリードのジョゼ・モウリーニョ監督(49)は14日、クラブへの不満を漏らしたFWのC・ロナウドに対する不安を一蹴した。

 2日のグラナダ戦で「悲しいから」と自身のゴールを喜ばなかったエースに関し「悲しいのにあのようなプレーをしてくれるなら私にとって完璧な選手」と称賛。メディアに対し「今は安らぎと落ち着き、そしてサッカーが必要な時」とプレーに集中できる環境づくりに協力を求めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年9月16日のニュース