【阪神新馬戦】フェルカド、後続振り切りV ルメール「最後まで止まらなかった」

[ 2019年12月1日 05:30 ]

1着フェルカド2着エムテイフラッシュ (撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 阪神6R(ダート1800メートル)は、2番人気のフェルカド(牡=角田、父ハーツクライ)が2番手追走から直線で抜け出し、後続を振り切った。ルメールは「物見していたし、少しズブかった」と幼さを課題に挙げたが「ずっと同じペースで走って、最後まで止まらなかった。距離はちょうどいいと思います」と素質に好評価をつけた。次走は未定。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2019年12月1日のニュース