【チャンピオンズC】タイムフライヤー 史上5頭目の快挙へ

[ 2019年12月1日 05:30 ]

タイムフライヤー
Photo By 提供写真

 芝、ダート双方のG1優勝馬は、過去にクロフネ、アグネスデジタル、イーグルカフェ、アドマイヤドンの4頭。タイムフライヤーは史上5頭目の快挙を目指す。また、同馬を管理する松田国英調教師は、01年クロフネ、13年ベルシャザールに続く歴代最多タイのチャンピオンズC3勝目が懸かる。なお、ダート戦未勝利馬がチャンピオンズCを勝てば、02年イーグルカフェ以来、17年ぶり2頭目となる。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年12月1日のニュース