【阪神新馬戦】ストーンリッジ、鋭く伸びて差し切りV

[ 2019年12月1日 05:30 ]

1着ストーンリッジとL.デットーリ (撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 阪神5R(芝1600メートル)は、デットーリ騎乗の2番人気ストーンリッジ(牡=藤原英、父ディープインパクト)が好位から鋭く伸びて差し切りV。上がり3Fは最速の33秒1をマークした。デットーリが阪神で騎乗するのは00年12月以来で、これが当地での初勝利。鞍上は「まだ幼くてスタートのタイミングが合わなかった。(残り)200メートルを過ぎてからエンジンが掛かったが、走りはとても良かったね。いい馬だと思う」と絶賛した。次走は未定。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2019年12月1日のニュース