【寺下の変 特別編】1日中京10R 当地得意ブラックジェイドの逃げ推し

[ 2019年12月1日 08:00 ]

 G1チャンピオンズCは武豊インティの逃げ推し。当舞台で行われた1月の東海Sは、1分49秒8の好時計で逃げ切った。過去3年のチャンピオンズCの勝ち時計より0秒3も上回る。マイペースに持ち込み、持ち時計だけ走れば逃げ切れるはず。逃げの名手でもある武豊に全権委任だ。

 中京でG1の一つ前に行われる10Rも、◎ブラックジェイドの逃げ推しだ。これまで当地で逃げたレースは芝・ダート問わず【3・1・1・2】と好成績。しかも、逃げ切った3勝は6馬身、8馬身、4馬身差の楽勝だった。長期休養明けだった今夏の当地2戦は粘りを欠いたが、立て直された今回は復調ムード。11月24日には、坂路でラスト2F11秒6→11秒9の好タイムで駆け上がった。得意な中京で力を発揮できれば、押し切れる。

 勝負馬券は単勝&馬連で相手はエレクトロニカ、コーカス、ジャックローズ、トーセンスーリヤ、フィールインラヴ、メガフレアの6頭へ。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2019年12月1日のニュース