【葉牡丹賞】グランデマーレ、2歳JRAレコードVで2連勝

[ 2019年12月1日 05:30 ]

葉牡丹賞を制した藤岡佑介騎乗のグランデマーレ (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 2歳1勝クラスの中山9R・葉牡丹賞は道中2番手から4角で先頭に出た2番人気グランデマーレ(牡=藤岡、父ロードカナロア)が1分58秒9の2歳JRAレコードで快勝。デビュー2連勝を飾った。騎乗した藤岡佑は「新馬戦は押し出される形で逃げて能力で勝ったけど、今日は馬の後ろで控える競馬ができた。タメて切れるというより、最後まで頑張るタイプ。今日みたいなレーススタイルが理想」と笑顔。藤岡師は「ホープフルS(28日、中山)も念頭に入れてここを使ったが、今後の状態を見て向かうかどうかは決めたい」と話した。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2019年12月1日のニュース