【梅ちゃん先生 特別編】1日中京11R オメガ狙い

[ 2019年12月1日 08:00 ]

 ダートの直線走路が東京ダートに次いで2番目に長い中京(直線411メートル)に替わればオメガパフュームの出番だ。強烈な末脚を使える半面、長い直線がなければ手前(軸脚)を換えられない不器用さが泣きどころ。前走・JBCクラシックでは公営・南関東で直線が最も短い浦和(直線220メートル、左回り)で3、4角と同じ左手前のままゴールした。それでも鼻差2着まで猛追。底力というしかない。

 スポニチ本紙の馬体診断(G1週の火曜日)でもおなじみの鈴木康弘氏が指摘したように、昨年のチャンピオンズC(5着)に比べてトモと腹周りに厚みが増している。1年間で見違えるほど成長した。そのうえ、鞍上はデットーリ。人気でも外せない。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2019年12月1日のニュース