【チャンピオンズC】ミスターX ウェスタールンド本命!昨年の雪辱へ

[ 2019年12月1日 05:30 ]

 ダート王決定戦・チャンピオンズC(中京11R)はウェスタールンドを本命に指名する。昨年6月に6歳にして初めてダート戦を使われて覚醒。連勝でオープン入りを果たすと、G1初挑戦だった昨年のチャンピオンズCでいきなり2着に飛び込んだ。そのレースぶりも圧巻。スタートから最後方を追走し、迎えた最終コーナー。最内を通って先団との差をつめると、上がり3F34秒4(メンバー2位は勝ったルヴァンスレーヴの35秒6)の鬼脚を使って2着まで浮上した。

 前走・みやこSではハイペースで前総崩れの中、4角3番手の積極的な競馬で3着。地力を証明した。鞍上スミヨンは連続騎乗で同馬の特長をつかんでいるはず。昨年2着の雪辱を果たす時がきた。(8)から(1)(3)(4)(6)(11)。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年12月1日のニュース