【チャンピオンズC】(1)タイムフライヤー 踏み込み躍動感

[ 2019年12月1日 05:30 ]

タイムフライヤー
Photo By 提供写真

 芝、ダート両G1制覇を狙うタイムフライヤーは予定通り坂路を駆け上がり、最終調整を済ませた。松田師は「中2週でいい感じにきています。テンションも上がっていないし、トモの踏み込みに躍動感があります。予定通りの調整ができました」と好調をアピール。武蔵野Sは2着に好走。「馬がしっかりと応えてくれました。プラス体重で出せそう。(最内枠で)折り合いもつくと思いますよ」と力強い口調で締めくくった。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年12月1日のニュース