【万哲の乱 特別編】1日中山11R ハウメアの切れが生きる絶好ターフ

[ 2019年12月1日 08:00 ]

 中山11R・ラピスラズリSは◎ハウメア。土曜の中山は9R・葉牡丹賞で2歳JRAレコードも出る絶好の芝状態。条件的には逃げるナックビーナスが一見有利に映るが、問題は別定58キロの「酷量」を背負っている点。マイペースで間違いなく行ける顔触れだが、最後に負担重量がネックとなる危険性は秘めている。

 典型的な差し馬の◎ハウメアにとっては前の「壁」が薄く、さばきやすい分、少頭数9頭立ては有利。ペース次第では3~5番手も狙える顔触れ。瞬発力が生きる絶好馬場。中山の急坂もOKで、先行勢がペースを落としすぎて「決め手比べ」になると、上がり3F33秒台の鬼脚が爆発。

 《もうひと押し》中山10R・市川Sは◎ブライトンロック。同舞台で行われた昨年12月の北総S3着。冬の中山では毎年のように好走している。前走・赤富士S(6着)の2100メートルは微妙に長く、今回の中山1800メートルはドンピシャ。先行馬もそれなりにいて、絶好の差し展開になりそう。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年12月1日のニュース