【菊花賞1週前追い】ワールドプレミア 武豊を背に躍動12秒4「今までの中で断トツ良かった」

[ 2019年10月10日 05:30 ]

<菊花賞1週前追い>武豊騎手を背にCウッドで単走で追い切るワールドプレミア
Photo By 提供写真

 神戸新聞杯3着で優先出走権を手にしたワールドプレミア(牡=友道)は武豊を背にCWコースで躍動。ダイナミックなフォームで駆け抜け、6F82秒2~1F12秒4をマーク。騎乗した名手も「今までの調教で乗った中では断トツで良かった」と好感触を口にした。前走の上がり3Fは勝ち馬サートゥルナーリアと同タイムの32秒3。「苦手なヨーイドンの形になったが置かれなかった。2400メートルの距離もこなせたので」と距離延長に手応えをつかんでいた。 菊花賞

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月10日のニュース