【秋華賞】テソーロ 馬なり12秒5「今回は試金石」

[ 2019年10月10日 05:30 ]

<秋華賞>アプローズパワー(右)と併せ追い切るローズテソーロ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 紫苑S6着からの巻き返しを狙うローズテソーロはポリトラックコースで最終追い。馬なりで5F68秒5~1F12秒5を計時し、アプローズパワー(2歳新馬)に1馬身先着した。「いつも通りいい感じ。動きは良かった」と金成師。「前走はいつになくスタートが良かったし現状で課題はない。ただ、今回は上位勢が強いので、どこまでやれるか。試金石になる」と分析した。 秋華賞

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年10月10日のニュース