【土曜京都5R新馬戦】名門からまた1頭 アステロイドベルト 池江師「力出せる仕上がり」

[ 2019年10月10日 15:44 ]

 土曜京都5Rに出走のアステロイドベルト(牡=池江、父ルーラーシップ)。馬名は火星~木星間にある小惑星帯のこと。4勝を挙げた母サトノジュピターからの命名だ。

 叔父に豪G1コーフィールドCを勝ったアドマイヤラクティがいて母系も一流。「十分乗り込めて力出せる仕上がり。そんなに切れる感じはないが、反応してしっかり伸びる。マイルから2000メートルぐらいの距離が合いそう」と池江師。鞍上は川田。フルゲートの激戦区だが、主役は間違いない。 

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月10日のニュース