【府中牝馬S】クロコスミア 夏場使って好調「体も成長してる」

[ 2019年10月10日 05:30 ]

 昨年と同様のローテーションで挑むクロコスミア(6=西浦)は坂路単走。ラスト1Fは弾力性十分のフットワークで12秒9をマーク(4F54秒9)。北添助手は「動きは良かった。夏場を使って状態は良くなっている」とトーンは高い。春はマイル中心のレース起用だったが「春より距離を持たせるようなつくりにしている。体も成長している」と、さらなる飛躍を目指す。 府中牝馬S

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月10日のニュース