菜七子 浦和でJBCスプリント“試走”2鞍騎乗8、12着

[ 2019年10月10日 05:30 ]

<ヤングジョッキーズTR浦和第2戦>レースを終え引き揚げる藤田菜七子(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 菜七子は9日、浦和競馬場で2鞍に騎乗し、8、12着だった。9R「ヤングジョッキーズTR(トライアル)第2戦」では、ブルベアクレソンに騎乗して最下位12着。前走から馬体重マイナス20キロと3カ月の休養明けの影響もあって、「途中から付いていくのがいっぱいになってしまった」と振り返った。TR最終戦(11月19日、川崎)での2鞍で、2年ぶりのファイナルラウンド(12月27日、大井・同28日、中山)進出を狙う。

 それでも、コパノキッキングと挑む交流G1「JBCスプリント」(11月4日、浦和ダート1400メートル)に向けた同コースで“試走”を終えた菜七子。浦和競馬場では初のJBC競走開催とあり、来場者3万人、売り上げ60億円以上を見込んでいる。また、菜七子の参戦でさらなる来場者増が予想されるため、警備や交通アクセス、メディア対策など急ピッチで進められている。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年10月10日のニュース