【川口・全日本選抜】黒川 初地元SG速攻で魅せる「あとはハネがなくなれば」

[ 2019年10月10日 05:30 ]

S級になって初のSGに挑む黒川京介
Photo By スポニチ

 S級になって初、しかも初の地元SGに燃えているのが黒川。「小学2年の時にポケバイのエキシビションレースでここ(川口)を走った。その時に初めてオートレースを見たのが選手になったきっかけ。夢がかないましたね」と瞳をキラキラ輝かせた。33期の出世頭。前々回SGの5月浜松オールスターでSG初優出(6着)を果たし、新時代の到来を予感させた。「(優出は)たまたま。技術的にはまだまだなので、S級らしい走りを見せられれば」。地元走路は5~8日の4日間開催で走ったばかり。「2日目後の練習で落車して下周りを扱ったら、3日目以降エンジンは良くなった。あとはハネがなくなれば」と見通しは明るい。持ち味の速攻で地元ファンを魅了する。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月10日のニュース