【菊花賞1週前追い】ラスト1冠頂く!デイジー 気負わずキビキビ12秒3

[ 2019年10月10日 05:30 ]

<菊花賞一週前追い>ウッドチップコースで追い切るニシノデイジー(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 「第80回菊花賞」の1週前追いの注目はルメールとの新コンビでラスト1冠に挑むニシノデイジー(牡=高木)。助手を背に美浦Wコースで僚馬マイネルサーパス(3歳オープン)と併せ馬。直線でいっぱいに追われ、5F67秒6~1F12秒3をマーク。意欲的な追い切り内容となった。「併せても気負うことなく動きは良かった。態勢は整っているので来週は調整程度でやる」と高木師。「距離延長はプラスだと思う。前走(セントライト記念5着)も収穫はあった。精神面は成長している」と期待した。 菊花賞

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年10月10日のニュース