【日曜京都5R新馬戦】ディープキング 超良血ディープの“キング”が登場

[ 2019年10月10日 15:48 ]

 日曜京都5R・芝2000メートルに登場のディープキング(牡=藤原英、父ディープインパクト)。母がドイツG3勝ちのダリシア。全姉が同日の秋華賞に出走するサトノダムゼルだ。

 武豊が騎乗した最終追いは本馬場(芝コース)の併走で5Fで65秒9~ラスト1F11秒8。軽快な脚さばきで駆け抜けたが藤原英師は辛口だ。「素質は間違いないが、この血統は晩成。本当に良くなるのはまだ先」と視線は先を見据える。確かに姉も初勝利が3歳の6月と遅い。兄にアニマルキングダム(ケンタッキーダービー、ドバイワールドカップ勝ち)がいる超の付く良血馬。あっさり初陣突破なら、弟姉同日優勝の記録に期待が膨らむ。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月10日のニュース