【秋華賞】ブーケドール しまい重点12秒3「脚の出スムーズに」

[ 2019年10月10日 05:30 ]

<秋華賞>ドナアトラエンテ(左)と併せ追い切るカレンブーケドール(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 カレンブーケドールは津村を背に坂路でドナアトラエンテ(3歳1勝クラス)と併せ馬。4F52秒1~1F12秒3、しまい重点の内容で併入した。「1回使ったことで脚の出がスムーズになった。思っていた通りに状態が上向いた」と津村。動きを見守った国枝師も「グッと馬体が良くなったし落ち着いている」と納得顔。アパパネ(10年)、アーモンドアイ(18年)で秋華賞を勝った名伯楽は「うまく立ち回ればチャンス。津村騎手がうまくジャッジしてくれれば」と鞍上に託した。 秋華賞

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月10日のニュース