【秋華賞】津村 夢のG1制覇へ!ブーケドールとつかむ「ビッグチャンス」

[ 2019年10月10日 05:30 ]

<秋華賞>国枝師(右)と話す津村撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 「第24回秋華賞」は17年ぶりに桜花賞、オークス馬不在となり混戦ムード。オークス2着カレンブーケドール(国枝)とコンビを組む津村明秀(33)にとって、G1初制覇へのビッグチャンスが訪れた。「夢」であるG1ジョッキーになりたい…。16年目を迎える男が胸に秘める熱い思いを語った。 秋華賞

 ――前走の紫苑S(3着)を振り返って。

 「ゲートを出て1歩目でトモを落としてしまった。そこは失敗だったと思う。リカバリーするために前に出していく形になってしまい、馬がハミをかんで力んでしまった。ロスがあったにもかかわらず、馬は力があるところを見せてくれた」

 ――春からの成長は感じたか。

 「トモの筋肉のつき方など馬体がしっかりしてきた。一戦一戦、成長してくれている」

 ――京都内回り2000メートルへの適性は?

 「ゲートが上手な馬だし小回りは気にしていない。どんな競馬でも対応してくれるはず」

 ――作戦は?

 「枠が決まってからになるが(道中は)後方にはならないと思う。前を見る形でオークスのような流れが理想」

 ――この馬の最大の武器は?

 「真面目で勝負根性があるところ。最後まで諦めずに走ってくれる」

 ――台風の接近で馬場状態が心配。

 「まだ良馬場でしか走っていないので未知数。条件はみんな一緒なので気にせず乗りたい」

 ――自身は29度目G1挑戦での初勝利が懸かる。

 「これまでも乗るたびにチャンスがあると思って乗ってきたが、今回は特に人気にもなると思うのでビッグチャンス。緊張感や期待感はどんどん大きくなっている」

 ――G1には特別な思いがあるか。

 「G1で勝つことを夢見てこの世界に入ってきた。競馬学校の同期(川田、藤岡佑、吉田隼)もたくさん勝っているので自分も早くG1ジョッキーになりたい。G1ならではの緊張感を味わえることが幸せ。頑張りたい」

 ――レースへの意気込みを。

 「桜花賞、オークス馬不在でチャンス。カレンブーケドール自身はまだ重賞を勝っていないので、チャレンジャーのつもりでいきたい」

続きを表示

この記事のフォト

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年10月10日のニュース