【秋華賞】パッシングスルー 納得のメリハリ「落ち着きも十分」

[ 2019年10月10日 05:30 ]

<秋華賞>栗東の坂路で、デンコウハピネス(奥)と併せて追い切られたパッシングスルー
Photo By 提供写真

 関東馬パッシングスルーも栗東で調整中。坂路で4F54秒5~1F13秒1をマークした。黒岩師は「前半は折り合いを重視して、しまいを伸ばす感じ。メリハリがあって落ち着きも十分」と納得の表情。前走・紫苑Sはゴール前で勝負根性を発揮し、見事に重賞初制覇。「夏を過ぎて体が増え、体力がついている。相手は強くなるが操縦性の高さを生かしたい」と期待を膨らませた。 秋華賞

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月10日のニュース