【凱旋門賞】傾向と対策

[ 2019年10月6日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る(16、17年はシャンティイ開催)。

 ☆性齢 牝馬が7勝。その内訳は3歳3勝、4歳4勝。牡馬は3勝全てが3歳馬。5歳以上の連対は牡牝合わせて3頭のみ。

 ☆前走 チャンピオンS組、ヴェルメイユ賞組が最多3勝。意外にもフォワ賞、ニエル賞の両ステップから勝ち馬は出ていない。優勝馬のうち6頭が前走も1着だった。

 ☆所属 英国の調教馬が最多4勝でうち3勝がゴスデン師。地元・フランスは近4年勝利から遠のいている。16年にはアイルランドのA・オブライエン師が1~3着を独占した。英愛仏以外の優勝は11年デインドリーム(ドイツ)のみ。

 結論 ◎マジカル ○エネイブル ▲ジャパン

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年10月6日のニュース