【毎日王冠】アエロリット2着確保 菊沢師「内容は申し分ない」

[ 2019年10月6日 22:20 ]

<第70回毎日王冠>レースを制したダノンキングリー(右)、2着のアエロリット(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 2着は5F58秒5のハイペースで飛ばしたアエロリット(牝5=菊沢)。直線で優勝馬ダノンキングリーには楽にかわされたものの、一度前に出られたインディチャンプは許さない。残り200メートル付近から再び歯を食いしばると、インから伸び返して2着を確保した。

 津村は「最後まで本当に食らいついてくれた。3コーナーから力むところがあったのでそれがなければ…」と悔しそうな表情。菊沢師は「内容としては申し分ない。ジョッキーがうまく乗ってくれた」と納得の口ぶりだった。次走は天皇賞・秋(27日、東京)が本線。

続きを表示

「2019 有馬記念」特集記事

「暮れの中山の名物レース 中山大障害」特集記事

2019年10月6日のニュース