【凱旋門賞】ブラストワンピース騎乗の川田「難しい、厳しい戦いになりました」

[ 2019年10月7日 03:21 ]

 凱旋門賞で11着に敗れたブラストワンピースに騎乗した川田のレース後のコメントは次の通り。

 ――レースを振り返って。
 「難しい、厳しい戦いになりました。いい枠を引いたので内で脚をためるイメージ。ゲートを出てポジションを取るまではスムーズに走れていました。ただ、向正面の中間から進んでいくのが難しい感じになりました」

 ――重馬場の影響か。
 「あまりにも緩い馬場。日本とは違う時計の掛かる馬場が馬を苦しめた印象です。結果的にはいいポジションになったが、苦しい走りをしている中でのもの。例年以上にタフな馬場。ハープスター(14年6着)の時と圧倒的に違っていました。日本馬にはとてつもなく厳しい馬場。体力の消耗が激しく、レース後はすぐに止まってしまい、その後も歩くのがやっとという感じでした」

 ――今の心境を。
 「結果を出せずに申し訳ない気持ちだが、こういう経験をさせてもらっているのは非常にありがたい。次に生かしたい。挑戦し続けないと勝つこともできない。その挑戦の仕方を精査しないといけないと思っています」

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年10月6日のニュース