【松戸】根田 初日好スタートで手応え「余裕をもって戦える」

[ 2019年10月6日 05:30 ]

師匠中村と好連係を狙う根田
Photo By スポニチ

 初日、地元勢で唯一の白星をマークしたのが11Rの根田だ。しっかり主導権を握って追走する小埜と地元ワンツーを決めた。「2日間、順延となったが朝になったらきっちりと気持ちのスイッチが入った。先行の掛かりも良かったし4角でワンツーはできたと思っていたけど、ライン3人で決められてさらに良かった。いいスタートを切れたことで2日目も気持ちに余裕をもって戦える」と手応えを明かしている。二次予選A・9Rでは師匠の中村を前で引っ張って初日に続いての地元ワンツーを狙っていく。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月6日のニュース