【菊花賞】セントライト記念の覇者リオンリオン回避

[ 2019年10月6日 17:16 ]

 セントライト記念を制したリオンリオン(牡3=松永幹)は左前脚のハ行のため、菊花賞(10月20日、京都)の登録を見送った。「日曜日(6日)に坂路で15―15をやった後に歩様が乱れました。オーナーと相談して、登録を見送りました」と松永幹師。今後については「週中に精密検査をして、その結果を見て考えます」と話した。

 神戸新聞杯を制した皐月賞馬サートゥルナーリア(牡3=角居)は古馬相手の天皇賞・秋(27日、東京芝2000メートル)参戦が決定済み。今年のクラシック最終決戦は屈腱炎で引退したダービー馬ロジャーバローズ(牡3)に加え、トライアルの覇者が不在となった。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年10月6日のニュース