【東京新馬戦】タイアンキチジツV!岩田望「根性がある」

[ 2019年10月6日 05:30 ]

<東京4R新馬戦>レースを制したタイアンキチジツと騎乗した岩田望(左から4人目)(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 東京4R新馬戦(ダート1600メートル)は道中4番手を進んだ7番人気タイアンキチジツ(牝=中舘、父ダンカーク)が逃げ粘るアールウェルスを内から差した。岩田望は「ゲートを出て、いい位置で走れた。どうかなと思っていたが最後まで諦めず伸びてくれた。内から伸びたように馬群も大丈夫。根性がある」。中舘師は「将来的にはダートの長いところが向きそう。(この時期は)番組もないし、オーナーと相談して今後を考えます」と語った。 レース結果

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年10月6日のニュース