【京都新馬戦】ディアスティマ 1番人気に応えV!高野師「今後の上積みは大」

[ 2019年10月6日 05:30 ]

 京都5R新馬戦(芝1800メートル)は2番手で運んだ1番人気ディアスティマ(牡=高野、父ディープインパクト)が直線を向いてサッと抜け出した。北村友は「調教の感触から切れる脚はないと思った。ヨーイドンの競馬にはしたくなかった」と作戦勝ちを強調。高野師は「調教ではアオられっぱなし。これで勝つのだから今後の上積みは大」と驚きの表情だった。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年10月6日のニュース