【オークス】ウインゼノビア、松岡辛口も「一発狙う」

[ 2019年5月16日 05:30 ]

ウッドチップコースで追い切るウインゼノビア(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 ウインゼノビアはWコース単走。馬なりだが長めの距離で負荷をかけ6F85秒0でフィニッシュした。

 手綱を取った松岡は「本当にいい頃と比べると走り方がまだ本物ではない」。あえて辛口のジャッジをした上で「それでも前走(フローラS=7着)よりフィジカル面、息遣いは良くなっている」と前向き。「クラシックに参加するのはジョッキーとしても大事なこと。一発狙って乗りたい」と意気込んだ。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2019年5月16日のニュース