【オークス】メイショウショウブ キビキビ12秒0好時計

[ 2019年5月16日 05:30 ]

坂路を駆け上がるメイショウショウブ(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 メイショウショウブは坂路単走でしまいを伸ばす程度だったが、4F52秒3~1F12秒0の好時計が出た。

 感触を確かめた池添は「荒れてる馬場で、ラスト2Fは12秒1、12秒0。いい反応だったし、動きも良かったですよ」と出来を保証する。あとは800メートルの距離延長がどうか。「折り合いは大丈夫。前走で乗ったノリさん(横山典)は“大丈夫”と言っているし、信じます」と笑った。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2019年5月16日のニュース