【オークス】シゲルピンクダイヤ、坂路で尻上がり

[ 2019年5月16日 05:30 ]

坂路を駆け上がるシゲルピンクダイヤ
Photo By 提供写真

 桜花賞2着シゲルピンクダイヤが“もう1つ上”を狙う。最終追いは坂路へ。尻上がりにラップを上げると、最後は軽く促されて4F53秒2~1F12秒3。手綱を取った渡辺師は「良かったですよ。時計もいいですね。(チップを入れ替えた影響で)馬場が悪かったけど、ぶれることなく走れていました」と満足げ。テンションの高いタイプだがしっかりと対策。本馬場入場後の待機所ではスタッフが同行。ゲート裏までメンコを2枚着用し、平常心を保たせる作戦だ。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2019年5月16日のニュース