【オークス】クロノジェネシス抜群切れ、雰囲気凄くいい

[ 2019年5月16日 05:30 ]

北村友一騎手を背にCウッドで併せ馬で追い切るクロノジェネシス(手前)、サマーセント(奥)
Photo By 提供写真

 クロノジェネシスは北村友を背にCWコースで最終追い。直線入り口で合図を送ると即座に反応し、ラスト1F11秒7は数字通り抜群の切れ味だった。

 鞍上は「落ち着きがありましたし、良かったです。先週も乗ったけど、いい意味で変わらない。雰囲気は凄くいいですよ」と手応えバッチリ。先週のヴィクトリアMを制した姉ノームコアに続くか。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2019年5月16日のニュース