【川崎マイラーズ】キャプテンキング 強襲耐えて重賞V4

[ 2019年5月16日 05:30 ]

川崎マイラーズで重賞V4を決めたキャプテンキング
Photo By スポニチ

 「第11回川崎マイラーズ」(S3)が15日、川崎競馬場で行われた。単勝1・8倍の圧倒的支持を受けたキャプテンキングが直線抜け出し優勝、重賞4連勝で5つ目のタイトルを手にした。

 「最後はよくしのいでくれた」。坂井はホッとした表情でそうレースを振り返った。直線で3番手から外に持ち出すと抜群の反応で後続を引き離したが残り50メートルで脚が鈍った。それでも後続の強襲を耐えて半馬身差でVゴールに飛び込んだ。まさに底力の勝利。

 「(重賞4連勝は)なかなかできない記録。今日は馬に助けてもらった。今後も勝利を続けていきたい」と坂井。今後は休養に入って秋の最大目標を「JBC競走(11月4日、浦和)」(的場師)に置くことになった同馬。ひと回り大きく成長した姿でビッグタイトルを目指す。

 ◆キャプテンキング 父ファスリエフ 母ストロベリーパフェ(母の父ブライアンズタイム) 牡5歳 大井・的場直之厩舎 馬主・平本敏夫氏 生産者・北海道新ひだか町の静内フジカワ牧場 戦績19戦7勝(南関東11戦5勝) 総獲得賞金1億3810万円。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2019年5月16日のニュース