【オークス】フィリアプーラ、余力十分 瞬発力に懸ける

[ 2019年5月16日 05:30 ]

リサオブザナイル(右)と併せ追い切るフィリアプーラ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 桜花賞15着のフィリアプーラはWコースで6F83秒3~1F13秒0。リサオブザナイル(3歳未勝利)を7馬身後ろから追走し、余力十分に内から併入した。

 騎乗した菊沢師は「先週よりも体つきも柔らかくていい感じ。息遣いも良かった。冬毛が出ていた桜花賞の時より良くなった」と上積みをアピールした。1月のフェアリーSで大外一気を決めた切れ者。師は「条件は今回の方がいい。出たなりでこの馬の持ち味を生かせれば」と自慢の瞬発力に懸ける。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2019年5月16日のニュース