【日本ダービー1週前追い】キングリー 力強く1馬身先着

[ 2019年5月16日 05:30 ]

ウッドチップコースで追い切るダノンキングリー(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 皐月賞3着ダノンキングリー(牡=萩原)はWコースで6F79秒8~1F12秒7。10馬身先行したシェーナ(4歳1000万)に早めに接近するとしっかり追われ、内から力強く1馬身先着した。6F全体時計の速さは圧巻。

 萩原師は「帰厩後も順調にきて、今日の動きも良かった。ここ数戦と比べても気性面も含めて良くなっている。距離がさらに延びることについても特に心配していない」と“逆転1冠”を見据えた。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2019年5月16日のニュース