【オークス】コントラチェック絶好調、レーン旋風まだまだ 

[ 2019年5月16日 05:30 ]

ウッドチップコースで追い切るコントラチェック(手前)=撮影・郡司 修
Photo By スポニチ

 レーンの2週連続G1Vなるか。豪州の若武者騎乗で注目のコントラチェックはWコースで併せ馬。調教は杉原が騎乗し、ドラゴンストーム(7歳障害オープン)を5馬身追走。直線は馬なりのまま内に馬体を併せ5F69秒9で併入した。「いつもの(逃げる)競馬の形ではなく、前に馬を置いて追走する形。追い付いてもムキになることなく落ち着いていた。動きも良かった」。杉原は好感触に笑顔を見せた。

 藤沢和師は「速い調教で競馬に向かう馬じゃないから、これで十分。息遣いも良かった。この血統はきょうだいもやらせてもらったが素直で調整が楽」と納得顔。半姉バウンスシャッセは14年オークス3着。「惜しい競馬だったから。その分も妹に頑張ってほしい」と力を込めた。

 レーンとのコンビでは先週の京王杯SCをタワーオブロンドンで制覇。師は「うまく乗ってくれたし今週も」と期待を寄せる。直近の2連勝は逃げ切りだが「出たなりで位置は決まると思う。好位からの競馬も経験があるし、戦法にこだわるつもりはない」と鞍上のフィーリングに任せる構え。今週も府中にレーン旋風が吹き荒れる!?

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2019年5月16日のニュース