【大寒桜賞】マジェスティ ド根性差し!“大接戦”制し2勝目

[ 2018年3月25日 05:30 ]

 3歳500万で行われた中京10R・大寒桜賞は1番人気ダノンマジェスティ(牡=音無、父ディープインパクト)がゴール前大接戦を制して2勝目を挙げた。馬群の内で掛かるパートナーを懸命になだめながらの追走。直線入り口で左右から挟まれる不利もありながらド根性の首差差し切り。内田は「内容は厳しかったが、次はもっと楽にレースができる」と振り返っていた。次走は未定。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2018年3月25日のニュース