【マーチS】センチュリオン重賞初V 追撃振り切る

[ 2018年3月25日 16:30 ]

 第25回マーチS(G3、ダート1800メートル)は25日、中山競馬11Rで行われ、2番人気のセンチュリオン(牡6=田村厩舎)が重賞初制覇を果たした。勝ちタイムは1分52秒1。

 前を行くディアデルレイ、エピカリスを4、5番手でマーク。手応え十分で直線に向くと、力強く伸びて早めに先頭へ。そのまま後続の追撃を振り切った。

 外から追い込んだクインズサターンが鼻差の2着。さらに3/4馬身差の3着には人気薄のロワジャルダンが入った。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2018年3月25日のニュース