【ドバイターフ】スティール鞍上空白に…デットーリが騎乗キャンセル

[ 2018年3月25日 05:30 ]

昨年の凱旋門賞を制したデットーリ騎手(AP)
Photo By スポニチ

 来週末に迫ったドバイターフ(31日、メイダン)で、同レース2勝目を狙うリアルスティール(牡6=矢作)と新コンビを組む予定だったデットーリが騎乗をキャンセルすることが分かった。24日、矢作師が明らかにした。

 デットーリは英国ゴスデン厩舎のフランケル産駒モナークスグレンに騎乗予定。主戦を務める昨年の凱旋門賞馬エネイブルと厩舎、馬主(アブドゥラ殿下)が同じであることから、契約を優先したとみられる。空白となったリアルスティールの鞍上について、矢作師は「週明け月曜くらいまでには探したい」と話した。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2018年3月25日のニュース