【馬券顛末記】なぜ!?我が本命レッドファルクスは後方2番手、直線でも…

[ 2018年3月25日 16:20 ]

 待ちに待ったドバイ出張を翌日に控えた高松宮記念デーは“裏開催”の阪神競馬場へ。G1を生観戦したいという気持ちは、競馬ファンとして当然ながら持っているものの、静かな記者室も悪くはない。ただ、最大のネックはじっくりとメインレースを見られないことだ。

 この日のメインレースのスタート時間は六甲S(15時20分)、マーチS(15時30分)、高松宮記念(15時40分)の順。六甲Sが終わり、検量室付近でジョッキーのレース後コメントを集めていると、遠くから“エピカリスが2番手…”という実況が聞こえてくる。マーチSがスタートしたようだ。気になる。かなり気になるが、こればっかりは仕事なので仕方がない。

 そうこうしているうちにマーチSは終わり、早くも高松宮記念のファンファーレ。階段を駆け上がり、記者室に滑り込むとレースは4コーナー付近だ。我が本命のレッドファルクスは…と探すと、なぜか後方2番手。なぜ!? 結局、直線もスムーズにさばけず、消化不良の8着に終わった。レースはまともに見られず、馬券も外れ。何とも悔しい、出張前最後の週末となった。 (競馬担当・岡崎 淳)

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2018年3月25日のニュース