【午後の狙い馬・25日阪神11R】ハクサンルドルフが末脚一閃

[ 2018年3月25日 09:14 ]

 土曜の阪神芝はまずまず速めの時計が出ており、伏兵の逃げ粘りも目立った。ただ、決して前有利の馬場ではなく、ペース次第では中団から後方の組にも出番がある。前日に前残りが目立ったことで各ジョッキーの仕掛けが早くなれば、きょうは差し馬が有利になる可能性もあるだろう。

 そこで11Rの六甲Sはハクサンルドルフを狙う。阪神芝1600メートルは【2100】とほぼパーフェクト。前走は7着だが、超スローで先行有利な展開になった上、微妙に長い1800メートルで伸びを欠いた部分もあった。その点、今回はベストのマイル戦。前を行くロジクライを目標に勝負どころから各馬が動き、直線は二転三転するのでは!? ならば、ゴール前でハクサンルドルフが突き抜けるに違いない!

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2018年3月25日のニュース