横山典弘騎手 JRA通算2700勝「まさか33年も続けられて、こんなに勝てるとは思っていなかった」

[ 2018年3月25日 17:12 ]

 横山典弘騎手(50)が、25日の中山12Rをダノンアイリスで制し、JRA通算2700勝を達成した。86年3月のデビュー以来、1万9088戦目。中央競馬では武豊、岡部幸雄(引退)に次ぐ3人目の記録。

 横山典の話 昔を思い出すと、まさか33年も続けられて、こんなに勝てるとは思っていなかった。たくさんの関係者、そして何より馬たちのおかげです。これからも温かい声援をいただけるよう努力していきます。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2018年3月25日のニュース