【中山新馬戦】アキラ 芝とダートの切れ目驚くも3馬身差快勝

[ 2017年12月17日 05:30 ]

 中山6R新馬戦(ダート1200メートル)は、単勝1・7倍の1番人気スーパーアキラ(牡=矢野、父ヨハネスブルグ)が初陣V。芝とダートの切れ目に驚いてジャンプするシーンもあったが、機敏にハナへ。最後まで危なげなく後続を3馬身ちぎった。

 C・デムーロは「スタートが良かったし、直線でも伸びてくれた。凄くいい馬。まだベイビーだけどね」と笑顔だった。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2017年12月17日のニュース