【朝日杯FS】(15)ケイティクレバー 先行策で波乱演出狙う

[ 2017年12月17日 05:30 ]

 ケイティクレバーは坂路1本(4F74秒0)流して最終調整を終えた。前走の京都2歳Sは持ち味の先行力で3着と逃げ粘った。目野師は「ジョッキーがどう乗るか分からないが、行った方が競馬はしやすいと思う。いい根性をしているしね」とレースをイメージ。「いつも真面目に走ってくる。マイルでも流れに乗って運べそうだね」と先行策で波乱演出を狙っていた。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2017年12月17日のニュース