【朝日杯FS】(6)アサクサゲンキ 前走比20キロ増も成長分

[ 2017年12月17日 05:30 ]

 アサクサゲンキは坂路を軽く1本駆け上がった(4F67秒9)。馬体重発表は前走比20キロ増。それでも最終追いの坂路では4F51秒5の好時計をマークしている。音無師は「太かったらこの時計は出らんだろ。動きはいいし順調だよ」と成長分を示唆する。6番枠からスタート。「偶数はいいね。あとはジョッキー(武豊)に任せるだけ。ためる競馬ならマイルでも」と上位争いを期待した。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2017年12月17日のニュース