【鳥谷越・本社予想の稼ぎどころ】17日中京6R 2戦続けて最適舞台のプエルトが今度こそ決める

[ 2017年12月17日 08:00 ]

 今年のG1も残すところ3戦。ラストが有馬記念ではなくホープフルSというのは違和感があるが、いずれにしても、何とか3連続的中で気持ちよく1年を終わりたいところだ。今日の朝日杯FSは前売り1番人気のダノンプレミアム◎、同2番人気タワーオブロンドン○と順当な印を打ったが、好配当の夢を託して同13番人気ムスコローソを▲指名。同じオーナー(落合幸弘氏)で先週の阪神JF3着のマウレアに続き、こちらも馬券に絡んでくれることを願って応援したい。

 G1資金を稼ぐなら、少し早いが中京6Rの◎プエルトがお薦め。実は前走時の当欄でも取り上げた馬だが、当時は除外で出走が延びたことで絞れると思った馬体重が、まさかの2走前と同じ538キロ。それでも出負けしながらまくり気味に進出し、最後は甘くなったものの3着を確保した。大竹師も「本当に合う」と感心するように、これで中京ダート1900メートルは【0211】と抜群の好成績。他のコースとは別馬のような走りを見せる。中1週でもしっかり追い切りを消化し、再び中京まで輸送。今度こそ絞れるとみて、強気にアタマで狙ってみたい。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2017年12月17日のニュース